クレジットカードやデビットカードとはちょっと違うカードといえば、プリペイドカードです。

発行する際に審査は必要ないので、申し込めば誰でも発行することができます。

この点は便利ですよね。

ただ、利用する前には必ずチャージが必要になるため、この動作で使う人を選んでしまいます。

でも、クレジットカードなどを持っていない人からすると便利なカードであることは間違いないです。

特に、海外でプリペイドカードの便利さは際立ちます。

海外は日本ほど現金主義ではありませんから。

なので、子供が海外へ行く際などは便利に使えるかと。

今回はプリペイドカードの中の一つである、NEO MONEYについて紹介します。

プリペイドカードを作ろうと思っていた人は必見です。

NEO MONEYの特徴

「NEO MONEY」の画像検索結果

NEO MONEYとは、プリペイドカードの1つでクレジットカードやデビットカードとは違い、初めにお金をチャージした分しか使えないところが特徴的です。

使いすぎない分お金の価値観が揺るがないというメリットはありますが、面倒に感じる人も少なくはないと思います。

そんなNEO MONEYですが、日本国内だけではなく海外で利用することを想定して作られています。

NEO MONEYのメリット・特典

NEO MONEYには様々なメリット・特典があります。

  • 13歳以上で作れる
  • 年会費が無料
  • 為替レートが安い
  • 紛失・盗難時も安心の補償付き
  • 海外ATMからお金を引き出せる

では、順番に見ていきましょう。

13歳以上で作れる

NEO MONEYは、13歳以上で発行できます。

クレジットカードは原則18歳以上、デビットカードは15歳以上と考えると、かなり若い年齢から作ることができますね。

日本国内は現金での支払いが主流ですが、海外はカード払いが主流です。

なので、子供でもカードを持っておいたほうが安心できます。

海外旅行や留学する予定のある子どもに持たせたい一枚です。

年会費が無料

NEO MONEYの年会費、発行手数料は無料です。

なので、一度作ってから一度も使っていなくても手数料を支払う必要はありません。

時々海外へ行く機会がある人は、作っておいてもいいと思いますよ。

為替レートが安い

NEO MONEYの最大のメリットは為替レートが安いこと。

外国でのお金の価値は日本と違いますからね。

どうしても手数料などが高くついてしまいます。

でもNEO MONEYなら

通貨 為替レート 10万円を両替した場合受けられる現地通貨 パーセンテージ
韓国・ウォン 10.77 928,367 3%得
香港・ドル 15.07 6,637 9%得
シンガポール・ドル  87.00 1,149 1%得
タイ・バーツ  3.59 27,853 7%得
中国・元 17.75 5,632 4%得
カナダ・ドル 92.58 1,080 4%得
EU・ユーロ 138.49 722 ほぼ同じ
イギリス・ポンド 155.31 643 2%得
オーストラリア・ドル 89.27 1,120 5%得
アメリカ・ドル 117.67 849 ほぼ同じ

このようになります。

細かい数字が多いので分かりにくいかもしれませんが、お得だということは分かると思います。

ちなみに、この表はVISAブランドの表です。

銀聯ブランドはまた変わってきますので、注意しましょう。

ちょっとでも節約したいと思う人にNEO MONEYはおすすめです。

紛失・盗難時も安心の補償付き

ふとしたことでNEO MONEYを失くしてしまったり、盗難被害に遭ってしまったりする可能性はあります。

海外は日本ほど治安がいいとは限りませんからね。

でも、NEO MONEYなら安心です。

紛失・盗難が判明したときに連絡すると、残高を補償してくれますから。

海外ATMからお金を引き出せる

カード社会でも、時々現金が必要になることがあります。

そんな時は、NEO MONEYでお金を引き出しましょう。

NEO MONEY一枚で海外のATMからお金を引き出すことができます。

    • VISA
    • 銀嶺
    • VISAplusマーク

上記3つのうち、いずれかのマークのあるATMからお金を引き出せます。

もしものときも、NEO MONEYを上手に活用しましょう。

NEO MONEYのデメリット

しかし、NEO MONEYにもデメリットがあります。

  • 日本国内でしかチャージすることができない
  • お金の払い戻しが有料

この2点です。

日本国内でしかチャージすることができない

NEO MONEYはプリペイドカード式なので、事前にチャージすることが必須です。

しかし、NEO MONEYは日本国内でしかチャージすることができません

これは致命的な欠点だと思います。

渡航先で使えなくなってしまいますからね。

なので、なるべく多めにチャージしておくのが大切です。

お金の払い戻しが有料

NEO MONEYは、お金の払い戻しに1回500円もかかってしまいます。

損をしてしまうため、カード内に残ったらそのままにしておくことをおすすめします。

残ったお金は、NEO MONEY内のお金として利用するのがベストです。

NEO MONEYとNEO MONEY銀聯を比較

NEO MONEYには、いくつか種類があります。

そこで、NEO MONEYとNEO MONEY銀嶺を比較してみました。

  NEO MONEY NEO MONEY銀嶺
年会費 無料 無料
使える場所 国内外 海外のみ
国際ブランド VISA 銀聯

このようになりました。

そもそも銀聯って?と思った人もいると思うので、解説します。

銀聯とは、中国で発展した国際ブランドのことです。

なので、銀聯カードというカードも発行されています。

中国はほぼ全ての場所で使えますし、一部の主要な国でも銀連カードはつかえます。

ただ、銀聯カードを選んでしまうと国内では使えません

国内外でも使いたいのなら、VISAブランドのほうがいいかと思います。

ただし、VISAブランドも国外専用のカードがありますから、注意が必要です。

NEO MONEYの使い方

NEO MONEYを使うためには、まずチャージが必要です。

そこで、チャージの仕方など使い方をまとめました。

ATMでチャージをする

NEO MONEYは、ATMでチャージをすることができます。

  • セブン銀行
  • セゾンATM

から可能です。

また、振込でもチャージをすることができます。

振込チャージをするためには

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • りそな銀行
  • その他銀行

から振り込むようにしてください。

また、振り込む際は振込依頼人に注意する必要があります。

NEO MONEYカード番号の下10桁と会員の氏名が必要です。

実際に支払ってみる

NEO MONEYのチャージが終わったら、実際に利用してみましょう。

  • VISA
  • 銀嶺

この2つの国際ブランドがNEO MONEYにはあります。

なので、選んだ国際ブランドのマークがある店での利用が可能です。

売上表を確認し、サインをして買い物を行いましょう。

NEO MONEYと一緒に使いたいクレジットカード

NEO MONEYの紹介を行ってきましたが、やはり海外ではクレジットカードのほうが便利。

  • クレジットカードで支払いをするとポイントが貯まる
  • 限度枠内ならチャージ不要で支払いができる
  • お得な保険が付帯しているから便利(一部のカード)

このようなメリットがあります。

なので、NEO MONEYでもクレジットカードと一緒に使うことを推薦しています。

クレジットカードを発行できる年齢の人は、NEO MONEYと一緒にクレジットカードも使ってみませんか?

もしそう思ったのならおすすめのクレジットカードを紹介します。

セゾンカード

クレディセゾンから発行されているクレジットカードです。

ショッピング向けなので、審査のハードルが低いクレジットカードでもあります。

セゾン系のメリットは、スピード審査が可能なところ。

最短だと1日で審査結果がでることもありますから、旅行前にカードを作っておきたい人には持ってこいかと。

また、クレディセゾンで貯まったポイントは有効期限がありません。

つまり、途中で消滅しないため損をすることがないんですね。

とりあえずカードが欲しい!という人に、セゾンカードをおすすめします。

セゾン系カードでお得に使えるおすすめのクレジットカードを徹底比較!
クレジットカード会社はたくさんありますが、その中でもクレディセゾンは有名です。アメリカン・エキスプレスとも提携しているので、アメックス系のカードも多く発行さ...

UCカード

UCカードも、クレディセゾンと同じでポイントの有効期限がないカードです。

Mastercard、VISAカードと2つの国際ブランドから選べるので、ほぼどこでも利用できるかと。

UCカードには、ICチップがついているため買い物したときのサインが不要です。

また、UCカード会員限定の旅行サービスが付帯しているなど、お得なサービスが盛りだくさんなカードでもあります。

ただし、年会費が1,250円かかってしまうため使う人を選びます。

普段使いするのならいいでしょうけど、旅行専用にするのなら正直年会費がもったいないです。

そんな人は、セゾンカードのほうがいいと思いますけどね。

UCSゴールドカードはロードサービスが充実の格安ゴールカード
アピタやピアゴ、サンクス、サークルKなどを日頃から利用する人で、尚且つ車に乗る人であれば、日常がとてもお得で便利になる「UCSゴールドカード」。格安ゴールドであ...

NEO MONEYのQ&A

最後にNEO MONEYについてのQ&Aコーナーを設置しました。

なにかわからないことがあった人は、参考までに見てください。

NEO MONEYはクレジットカードの審査に影響しますか?

NEO MONEYは、プリペイドカードなのでクレジットカードの審査には影響しません

買い物をすると、NEO MONEYはクレジットカード扱いされますけどね。

クレジットカードでの支払いは借金になるので、記録されます。

でも、NEO MONEYなどのプリペイドカードは借金していませんから特に問題はありません。

海外で利用するのならNEO MONEYは便利ですか?

海外旅行へ行く際、いくつかの国を回る人もいると思います。

その時、いちいちお金を両替するのは面倒でしょう。

そういう人は、両替の不要なNEO MONEYを持っておくと便利です。

でも、クレジットカードと比較すると正直NEO MONEYは不便。

クレジットカードを持っていないのであれば、NEO MONEYでいいと思いますけどね。

どうして海外では現金を持ち歩いちゃいけないんですか?

日本国内なら、行きたいときにすぐATMでお金を引き出すことができます。

しかし、海外では一度に両替することが多いため、場合によっては多額の現金を持ち歩くことになります。

そんな大金を持ち歩くのはとても危険です。

海外だけでなく日本でも危険ですけどね。

なので、現金ではなくクレジットカードなどカードを持ち歩くように推薦されています。

また、海外は日本よりも現金を使う場面が少ないです。

コンビニで買い物をするのにもカードを使う国が多いですから。

そんな国で現金を出すと嫌な顔をされてしまうこともあります。

そういった意味でも、カードはおすすめです。

クレジットカードを持っていないのなら、ぜひNEO MONEYなどプリペイドカードを持ち歩いてみてください。

まとめ

NEO MONEYは、国内外で使えるプリペイドカードです。

クレジットカードを持っていない人や、年齢制限でカードを作れない人におすすめです。

海外旅行や留学などで海外へ行く機会がある人は、この際NEO MONEYを作ってみませんか?

ぜひ、NEO MONEYを活用してみてください。