Orico Card THE PLATINUMはコスパ最高のプラチナカード!

Orico Card THE PLATINUM。

オリコカードといえば年会費無料で持つことができる「Orico Card THE POINT」有名です。

Orico Card THE PLATINUMはそんなOrico Card THE POINTの最上ランクに値するクレジットカードです。

ここではそんな、Orico Card THE PLATINUMの特徴やお得なメリット、デメリットなどについて紹介していきます。

Orico Card THE PLATINUMの特徴

Orico Card THE PLATINUMは、オリエントコーポレーションが発行するクレジットカードです。

クレジットカードには、銀行系や流通系、信販系に消費者金融系などがあります。

三菱UFJや住友銀行などが発行しているクレジットカードは銀行系といわれており、

→三井住友VISAゴールドカードはコスパ最強で安心のステータスカード

セブンイレブンやファミリーマートといったコンビニや、イオングループなどのスーパーが発行しているカードは流通系と呼ばれています。

イオンカードセレクトまとめ!得なポイントの貯め方を徹底紹介

そしてオリエントコーポレーションが発行しているOrico Card THE PLATINUMも、流通系カードの1枚です。

オリエントコーポレーションでは、Orico Card THE PLATINUMの他にも年会費無料の「Orico Card THE POINT」や法人カードの「EX Gold for Biz 」なども発行しています。

オリコ利用者は、はじめは年会費無料のOrico Card THE POINTなどを使い、徐々に限度額の高いカードに移行していくのが一般的です。

なので、Orico Card THE PLATINUMはある程度クレジットカードを使いこなした人の方が上手に使えるかもしれません。

カードブランドはMasterで年会費は20,000円

Orico Card THE PLATINUMのカードブランドは、MasterCardのみです。

MasterCardであれば、VISAの次に需要があるブランドなので、海外に行ってもほぼ利用することができます。

なので、海外によく行く人でも問題はないかと。JCBだとちょっと海外では微妙ですから。

年会費は20,000円(税込)とちょっと高いです。

ただ一応、最上級のクラスになるので、これから紹介する付帯サービスや補償などを考えると20,000円くらいなら普通かなと。

アメックスゴールドとかは、ゴールドカードで32,320円(税込)しますからね。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードが魅力なステータスカードの理由

それに、税込で20,000円なので、実際は1万8,519円とちょっと良心的です。

限度額は300万円

Orico Card THE PLATINUMの利用限度額は最高で300万円。

キャッシングは100万円までです。

Orico Card THE PLATINUMの下ランクのOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDでも利用限度額が300万円なので、そこまで高い設定ではないです。

ただ、一般的に月に300万円使う人って極わずかだと思うので、300万円でもほぼ問題はないかと。

月に300万円ってことは年間で3,600万円以上使うってことですから。

ポイント還元率は通常1.0%と高還元率

%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

Orico Card THE PLATINUMは、100円で1ポイント付くので、ポイント還元率は1.0%です。

銀行系カードのクレカだと0.5%が平均なので、それに比べると高還元率の設定になっています。

それに年会費無料のカードだと還元率が1.0%以上のクレカもたくさんありますけど、

年会費無料の高還元率クレジットカード比較。おすすめクレカランキング

ゴールドカードやプラチナカードのクレカの場合、通常のポイント還元率が1.0%以上というクレカはあまりありません。

ゴールドカードやプラチナカードには、ポイント還元率はそこまでいらないって人もいますが、低いよりは高い方がいいですよね?

還元率が高いと、それだけクレジットカードのポイントも溜めやすくなりますからね。

また、後ほど紹介しますが、誕生月は還元率が2倍なるので、他の流通系クレジットカードよりも更にポイントが溜まりやすくなります。

それを考えると、プラチナカードでもしっかりとポイントを貯めたいという人には、最高のカードと言ってもいいでしょう。

また、貯めたオリコポイントは、Amazonのギフト券やiTunesギフトコードなどに交換することが可能です。

海外は1.5倍の1.5%貯めることができる

また、Orico Card THE PLATINUMは海外での支払いでもポイントを溜めることが可能です。

しかも海外で利用する場合は、0.5%分プラスされるので、還元率が1.5%となり更に高還元率カードに変身します。

海外での利用でここまで高い還元率のクレカはないので、海外旅行中でもガッツリポイントを溜められるところは魅力的デス。

iDとQUICPayでもポイントが貯まる(還元率1.5%)

電子マネーは一度使うとその便利さに虜になるくらい、ガチで楽な支払い方法です。

Orico Card THE PLATINUMには、電子マネーの後払いのポストペイ型電子マネーである「iD」と「QUICPay」の2つをで搭載することができます。

iDとQUICPayであれば、電子マネーが対応している店舗であればほぼ利用することができます。今だと、自販機でも使えるものもありますよね。

それに通常だと、カード一体型ではなく別々のカードになってしまうのがほとんどなので、財布の中身がパンパンになってしまいますが、Orico Card THE PLATINUMの場合は、カード一体型なのでその心配もありません。

1枚にまとめることができるってホント助かりますよ。

また、還元率に関してですが、iDとQUICPayで支払いをした場合でもしっかりとポイントが付きます。

それも通常よりも0.5%高い1.5%という高還元率。

コンビニとかでは、クレカでもサインレスなので直接クレカで支払っている人も多いですが、還元率が違うならiDかQUICPayを使った方がお得になります。

それに圧倒的に支払いのスピードも早いですから、もし電子マネーが使える店舗でOrico Card THE PLATINUMを利用するなら、電子マネーの支払いにしましょう。

オリコモールを経由すればポイント最大17%も可能

オリコモールを経由するだけで、ポイント還元率がアップするサービスはOrico Card THE POINTなどでも適応されるサービスで、その際はプラス0.5%です。

しかし、Orico Card THE PLATINUMの場合は、オリコモールを経由するだけで1.0%が加算されます。

また、各ショップでさらに0.5%~15%が加算されるので

  • 通常還元率1.0% 
  • オリコモール経由による1.0%
  • 各ショップで加算される0.5%(~17%)

となり、少なく見積もっても、ポイント還元率2.5%が可能となります。

ネット通販などをよく利用する人は、かなりポイントが貯まっていきます。

主なショップの還元率は下記の通りです。

ショップポイント還元率
Amazon0.5%2.5%
楽天市場最大15%17%
Yahoo!ショッピング0.5%2.5%
LOHACO1.0%3.0%
じゃらんnet1.0%3.0%
SEIYUドットコム1.0%3.0%
ベルメゾンネット1.0%3.0%
ユニクロ0.5%2.5%
爽快ドラッグ2.0%4.0%
ヤマダ電機 WEB.COM0.5%2.5%
ビックカメラ.com1.0%3.0%

例えばオリコ―モール経由でAmazonを利用した場合は、Orico Card THE PLATINUMの通常還元率1.0%とオリコモール経由による1.0%とAmazonの0.5%で還元率2.5%です。

LOHACOなら、還元率3.0%、楽天市場なら、最大還元率アップ時なら17%にまで上がります。

オリコモールを経由して利用すればするほど、ポイントはどんどん貯まっていきます。

ポイントの交換先と使い道(有効期限)

クレカのポイントが溜まると、別のものに交換することができるのですが、Orico Card THE PLATINUMでは様なものに交換することができます。

ギフト券への交換

  • Amazonギフト券500円分:500ポイント
  • iTunesギフトコード500円分:500ポイント
  • ファミリーマートお買い物券500円分:500ポイント
  • LINEギフトコード500円分:500ポイント
  • nanacoギフト1,000円分:1,000ポイント

他ポイントとの交換

  • Tポイント1,000ポイント:1,000ポイント
  • dポイント1,000ポイント:1,000ポイント
  • WALLET ポイント1,000ポイント:1,000ポイント
  • 楽天スーパーポイント1,000ポイント:1,000ポイント

マイルへの交換

  • ANAマイル600マイル:1,000ポイント
  • JALマイル500マイル:1,000ポイント

基本的に1年間でポイントが消滅する

クレカ自体のポイントの有効期限は特に記載されていないのですが、Orico Card THE PLATINUMの支払いで溜まるオリコポイントは1年でポイントが消滅するようになっています。

期限が短いため、なるべく早めにポイントを交換するようにしましょう。

8つのお得な優待サービスと特典・メリット

Orico Card THE PLATINUMはプラチナカードだけあって、特典や付帯サービスなども充実しています。

主なOrico Card THE PLATINUMの特典とメリットしては

  • 誕生月はポイント還元率が2倍になる
  • 空港系のサービスが無料で利用できる
  • ダイニングBY招待日和などのグルメ特典が満載
  • レジャーの割引特典
  • 家族カードが3名まで無料で発行できる
  • 困ったら24時間年中無休のコンシェルジュに対応してもらえる
  • 付帯している旅行保険の種類が豊富

 これら8つです。

誕生月はポイント還元率が2倍になる

上記でサラッと紹介しましたが、Orico Card THE PLATINUMは、利用者の誕生月のみですが、通常のポイントの還元率が2倍になります。

通常が1.0%なので誕生月は還元率は2.0%。

これがどれだけ凄いのかというと、例えば、月に10万円の買い物をする場合、還元率が1%だと1,000円分のポイントしか付きませんが、還元率が2倍なら2,000円もポイントが付きます。

金額が大きくなればなるほど、ポイントの差も大きくなるので、大きな買い物などを上手に誕生月に合わせることでガッツリポイントを貯めることができます。

空港系のサービスが無料で利用できる

Orico Card THE PLATINUMは、空港系のサービスがかなり充実しています。

世界のラウンジが利用できる「Lounge Key(ラウンジ・キー)」

その一つとして、全世界の650箇所以上の空港ラウンジを利用できる「Lounge Key(ラウンジ・キー)」があります。

ラウンジでは飲食や、インターネットの接続ができるようになっているので、フライト前に優雅に過ごすことができます。

年6回までは無料で利用できますので、海外旅行へ行かれる方は積極的に利用してみましょう。

ただ、注意点としては同伴者も利用することができますが、同伴者のの方は別途27ドルかかるので、一緒に利用する場合は注意してください。

国内ならオリコ空港ラウンジサービス

国内であれば、

  • 国内主要空港
  • ハワイ・ホノルル
  • 韓国・仁川

これらのラウンジが無料利用することができます。

事前の申込などは不要なので、空港ラウンジでOrico Card THE PLATINUMを提示するだけで、利用することができます。

また、Lounge Key(ラウンジ・キー)と違い、家族会員も無料で利用することができるので、国内主要空港に行った際は気軽に利用してみてください。

国際線手荷物無料宅配サービス

国際線のみですが空港と自宅間の荷物の宅配が2つまで無料で利用できる「国際線手荷物無料宅配サービス」もあります。

家まで重くて邪魔な荷物を持たずに済むので、移動時の負担もかなり減るでしょう。

ダイニングBY招待日和などのグルメ特典が満載

基本的に自炊をするという方も、たまには外食したいと思うことがあるでしょう。

しかし、いつも高級レストランに行くという方は少ないのではないでしょうか。

実はOrico Card THE PLATINUMは各高級レストランとも提携を結んでおり、グルメ特典も充実しています。

その中でも特におすすめなのが「ダイニングBY招待日和」です。

ダイニングBY招待日和は、2名以上の利用で1名の食事代金が無料となるサービスです。

料金はレストランによって様々ですが、大体1人辺り5,000~2万円くらいに設定しているレストランが多いです。

この招待日和を上手に活用すれば、年会費は20,000円ですが、それだけで元が取れてしまいます。

このサービス目的でOrico Card THE PLATINUMを作っている人も多いみたいですからね。それくらいお得な付帯サービスです。

ただし、あくまでも、2名以上の利用でこのサービスが適用されるので、1名では利用することができませんので注意点してくださいね。

また、招待日和以外でも

  • ホテルレストラン最大50%OFF
  • 全国料亭・レストラン割引サービス
  • 人気デリバリーピザ割引クーポン
  • グルメクーポン割引
  • 居酒屋チェーン店会員価格で提供

このようなグルメ特典があります。

Orico Card THE PLATINUMを作ってみたら是非活用してみてください。

活用しなかったら宝の持ち腐れですからー。

家族カードが3名まで無料で発行できる

Orico Card THE PLATINUMは、年会費20,000円ですが、家族カードは3名まで年会費無料で発行することができます。

年会費無料でもない限り、家族カードの発行&年会費が無料というクレカはなかなかありません。

それに4人家族でそれぞれで家族カードを作っておけば、先程のオリコ空港ラウンジサービスを4名すべて無料で使うこともできます。

家族カードならポイントも合算することができるので、もし家族で生計を一緒にしているのであれば、作っておいて損はないですよ。

困ったら24時間年中無休のコンシェルジュに対応してもらえる

クレジットカードを使っていると、磁気不良や与信依頼などのエラーがでてしまい、カード払いができないというケースもでてきます。

海外旅行や普段の買い物で利用している最中に出てしまうと、とても厄介に思ってしまうでしょう。

しかし、大半のクレジットカード会社は受付時間や休日が決まっているので、対応してもらうためにはカード会社の受付時間内に電話するしかありません。

ですが、Orico Card THE PLATINUMは24時間年中無休のコンシェルジュが対応するようになっているため、なにかあればいつでも電話して対応してもらうことが可能となっています。

また、コンシェルジュはそれ以外にも

  • オススメのレストラン情報・予約
  • チケットなどの宅配
  • ゴルフ場の紹介・予約
  • ビジネスサービスの情報・手配
  • ギフト・お花のお届け

なども提供してくれます。

特に普段仕事で忙しい人などには、このサービスはとてもありがたいサービスです。

付帯している旅行保険の種類が豊富

ゴールドカードなどのプレミアムなカードは、大抵どこの会社も保険を付帯しているので、海外旅行や国内の旅行の保険などは一般的です。

もちろん、Orico Card THE PLATINUMにも国内外の保険が付帯されており、海外・国内障害旅行保険がしっかりと完備されています。

海外旅行傷害保険(自動付帯)

傷害の種類補償金額(本人)補償金額(家族)
死亡・後遺障害補償最高1億円(自動付帯→5,000万円)2,000万円
治癒費用300万円限度200万円限度
疫病の賠償費用300万円限度200万円限度
賠償責任3,000万円限度1,000万円限度
携行品の損害100万円限度100万円限度
救援者費用等300万円限度200万円限度

国内旅行傷害保険(利用付帯、家族特約)

傷害の種類補償金額(本人)補償金額(家族)
死亡・後遺障害補償最高1億円2,000万円
入院費用補償5,000円/日3,000円/日
通院費用補償3,000円/日1,500円/日
手術保険金
(一時金)
入院中:入院保険金日額の10倍
上記以外:入院保険金日額の5倍

旅行傷害保険の他にも、

  • 航空機遅延保険
  • 個人賠償責任保険
  • ショッピングガード
  • 海外メディカルヘルプライン
  • カード紛失・盗難補償

などがあります。

航空機遅延保険

航空機遅延保険は搭乗した飛行機で会員や本人が遅延した場合のみ支払われる保険金です。

  • 乗継遅延費用→3万円限度
  • 出航遅延、欠航、搭乗不能費用→3万円限度
  • 受託手荷物遅延→3万円限度
  • 受託手荷物紛失→10万円限度

個人賠償責任保険

個人賠償責任保険はOrico Card THE PLATINUMの独自の保険で、他社にはない保険です。

これは、事故により他人を怪我させてしまったり、物を壊してしまったりしたときに支払われるようになっています。た

だし、故意に傷つけてしまった際は、保険金は支払われませんのでご注意ください。

ショッピングガード

ショッピングガードは、カードを利用して購入した商品が盗難火災や破損なども偶然の事故により損害があった時に補償してくれる保険です。

購入日より90日間以内で、支払い限度額は年間最高300万円まで補償してくれます。

海外メディカルヘルプライン

海外メディカルヘルプラインは、海外旅行中に怪我や病気などで困った時に、現地のキャッシュレス治療の手配や医療通訳サービスをしてくれる補償です。

その他にも

  • ご家族等の救援者へのサポート
  • 治療経過管理
  • 緊急移送手配
  • 退院後の帰国手配
  • 遺体送還手配

などのサービスを受けることができます。

カード紛失・盗難補償

これはどのクレカにもついてることが多い保険ですが、万が一、カードが不正使用された場合に60日前までなら、不正使用された分の金額が補償される制度です。

私も、普段クレカばかり使っていますが、1度だけ不正使用されたことがあります。

金額が数十万という額だったので、もしこの補償がなかったらと思うと今でもゾッとします。

ただし、カードに本人のサインがないと適用されない場合があるので、しっかりとカードにはサインはしておくようにしてください。

Orico Card THE PLATINUMのデメリット

Orico Card THE PLATINUMには数多くの特典やメリットがありますが、少しデメリットもあります。

主なデメリットは

  • 年会費が高い
  • ポイント有効期限が短い

この2つです。

年会費が高い

年会費20,000円というのは、普通のクレカからすると非常に高いのです。

なので、あまりOrico Card THE PLATINUMに付帯しているサービスなどを利用しない人なら、この年会費は高いと感じてしまうかもしれません。

ポイント有効期限が短い

Orico Card THE PLATINUMは通常のポイント還元率が1.0%とゴールドカード以上のクラスでは非常に高い還元率です。

ただ、高い還元率ではありますが、有効期限が1年間と短いので、ゆっくり長期的に貯めたい人には微妙かもしれません。

もし、長期で長く貯めたいのなら、セゾン系のカードであれば還元率は少し低めですが、ポイントの有効期限がないので、ゆっくり貯めることができます。

同じクラスのカードだと、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。

ビジネスカードにはなりますが、実はサラリーマンでも普通に申し込みをすることができます。

年会費も21,600円とほぼ、Orico Card THE PLATINUMと変わらないので、気になる方はこちらの記事も参考にしてみてください。

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの魅力まとめ

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDと比較

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは、Orico Card THE PLATINUMの下のクラスのゴールドカードです。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは格安ゴールドカード!

もう一つ、Orico Card THE WORLDというゴールドカードもありますが、

Orico Card THE WORLDは海外利用でお得な高還元率カード!

今回は比較的年会費が安いOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDと比較します。

正直プラチナカードまでいらないって人は、こちらのOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDを検討してもいいかもしれません。

なんせ年会費が激安ですから。

では比較していきます。

まずは比較表

 Orico Card THE PLATINUMOrico Card THE POINT PREMIUM GOLD
年会費1,950円20,000円
家族カード3名まで無料3名まで無料
利用限度額最大300万円最大300万円
電子マネーiD、QUICPayiD、QUICPay
ポイント還元率通常1.0%通常1.0%
その他ポイント特典誕生月ポイントが2倍入会後半年ポイントが2倍
招待日和
空港ラウンジ利用
旅行保険最大1億円最大2,000万円
ショッピング保険最高300万円最高100万円

まず年会費ですが、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは1,950円とかなり格安で作ることができます。

それに家族カードや利用限度額、電子マネー、ポイント還元率などはどちらも変わりません。

ポイント還元率などだけで決めるのあれば、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDでもいいでしょう。

ただ、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDには空港ラウンジや招待日和といった充実した特典などは付帯していません。

旅行保険に関しても気持ち程度しか付いていないので、海外などをよく利用するや特典をガンガン活用する予定の人は、Orico Card THE PLATINUMにしたほうが絶対に損はしません。

まー、あとは審査等の問題もあるので、ちょっと自信がない人もOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDから始めてクレヒス(クレジットカードヒストリー)をためるのもアリだと思いますけどねー。

Orico Card THE PLATINUMの審査基準

クレカには審査がありますが、全ての会社が同じ基準というわけではありません。

Orico Card THE PLATINUMは特にプラチナカードなので、審査基準が気になりますよね。

ここでは、Orico Card THE PLATINUMの審査基準について紹介していきます。

20際以上の安定した収入のある人

Orico Card THE PLATINUMは、20歳以上の安定した収入がある人が審査に受かるように設定されています。

なので、個人事業主や起業したばかりの人だと審査落ちしてしまう可能性があります。

また、他のクレカで金融事故を起こしてしまった場合や、ホワイトリスト(クレカを今まで持ったことがない状態)だと審査落ちしてしまう可能性がありますのでご注意を。

 まとめ

Orico Card THE PLATINUMは年会費は20,000円と高額のように見えますが、付帯内容やサービス内容をみれば、妥当な金額だということがわかるはずです。

補償内容も流石プラチナカードといった内容で、海外旅行などに頻繁に行く方にとっては、持っているだけでとても安心できるカードです。

いきなり審査に通ることは難しいかもしれませんが、2016年10月3日に新規募集を開始したばかりなので、発行枚数をそれなりに増やすために、大幅にハードルを下げていることも考えられます。

  • プラチナカードを検討している
  • ステータス性があるカードがほしい
  • しっかりとした補償内容がほしい
  • 充実した特典、付帯サービスを受けたい

このような人には、おすすめの1枚ですよ!