これからクレジットカードを持とうかなと思っていませんか?

クレジットカードは一度使いだすと便利で病みつきになりますよ。

そこで、初心者がクレジットカードを持つ際のポイントを解説します。

初心者向けのクレジットカードもぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードの概要

クレジットカードをこれから作っていこうと思っている人は多いでしょう。

または、すでに持っているけどよくわかっていない人も多いと思います。

クレジットカードはお金を支払うための道具です。

ただ、クレジットカードはクレジットカード会社から一度借金をしていることになります。

つまり、買い物した代金をクレカ会社が立て替えてくれているということです。

なので、クレカ会社は返済能力がある人にしかクレジットカードを渡しません。

踏み倒されると困りますからね。

それでも便利なので多くの人はクレジットカードを作ります。

クレジットカードのメリット

クレジットカードを作ることには様々なメリットがあります。

  • 支払いがスムーズになる
  • ステータス性が得られる
  • 付帯特典が使える
  • 手元に現金がなくても支払いができる
  • ポイントが手に入る

具体的にはこのような感じです。

支払いがスムーズになる

クレジットカードは、現金払いと違って支払いが便利です。

だってレジでクレカを手渡すだけで買い物ができますから。

財布の中に小銭を入れる必要もなくなります。

なので、ちょっとでも現金での買い物が面倒だと思うのならクレジットカードが便利だと思いますよ。

ステータス性が得られる

クレジットカードの種類にもよりますが、作ると社会的ステータスが感じられるものがあります。

  • プラチナカード
  • ブラックカード

上記に分類されるカードはクレジットカードの付帯特典も多いです。

それに、年収などが一般カードよりも考慮されるので審査基準もかなり厳しいです。

だからこそ憧れる人が多いのだと思いますよ。

付帯特典が使える

クレジットカードを作る主な理由は支払いをスムーズにさせることです。

でも、それ以上のメリットが付帯特典です。

例えば

  • 旅行傷害保険が付帯されている
  • クレカ会社の提携店なら割引サービスが受けられる
  • 使った金額の一部をキャッシュバックとして受け取れる

このようなメリットがあります。

これらは現金払いだと受け取れないメリットばかりです。

なので、特典を目当てにクレジットカードを複数枚作る人も少なくありません。

手元に現金がなくても支払いができる

クレジットカードを作ると、手元に現金がなくても支払いができます

これは便利ですよね。

手持ちが少ないからATMによらなきゃ…ということもなくなりますし。

ATMの手数料も高いですからね。

よくATMに立ち寄る人は便利に使えるかと。

ポイントがもらえる

クレジットカード初心者の人はポイントのことを知っておいてください。

ポイントとは、クレジットカード会社が独自に設定している特典のことです。

買い物をするとそのうちの何%分かをポイントとして受け取ることができます。

そしてそのポイントの使い道は

  • キャッシュバックとして受け取れる
  • そのまま買い物に使える
  • 景品と交換することができる
  • 電子マネーやマイルに交換できる
  • 寄付できる

このような使い道があります。

なので、貯めるほどお得ということがわかりますね。

ただし、クレジットカード会社によって貯められるポイントは違います。

個人的におすすめなのは最低でも1%はあるものです。

1%はクレカ業界では高い数字です。

反対に低いのは0.5%以下ですね。

まあ、裏技を使えばもっとたくさんのポイントを受け取ることは可能ですが。

ポイントモールはガチでお得!知っておきたい4つの基本知識
クレジットカードを持ったなら、ガンガンポイントを貯めて行きたいですよね。ガンガンポイントを貯めることができれば、それだけで節約することができます。そんなポイ...

クレジットカードのデメリット

しかし、クレジットカードにはデメリットもあります。

  • 使いすぎてしまう可能性がある
  • 全員が審査に合格できるわけではない
  • 不正利用される可能性がある
  • 仕組みを理解するのが難しい

具体的にはこのようになります。

使いすぎてしまう可能性がある

クレジットカードを持つと気が大きくなる人がいます。

現金と違っていくらでも買い物ができてしまいますからね。

しかし、使いすぎると当然破産します。

なので、使いすぎてしまいそうだなと思った人はデビットカードをおすすめします。

デビットカードはクレカ会社に借金する必要がありませんからね。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=ttps://creditcard-ninki.com/creditcard-debitcard-difference)

全員が審査に合格できるわけではない

クレジットカードが欲しいと思っても、必ずもらえるわけではありません。

審査があるからです。

クレジットカードは、クレカ会社に借金をして買い物をしています。

なので、クレカ会社に信用してもらえないとクレジットカードは発行されません。

今収入が不安定な人は厳しいと思います。

不正利用される可能性がある

クレジットカードは便利な反面、犯罪に巻き込まれてしまう可能性があります。

よくあるのが不正利用ですね。

第三者から不正利用されてしまい、気づいたら高額料金を請求されていたということになりかねません。

実生活で気を付けていても、ネットから情報を抜き取られる心配もあります。

なので、常に明細は確認するようにしましょう。

仕組みを理解するのが難しい

クレジットカードは仕組みが複雑です。

だから、クレジットカード初心者が最初から完璧に理解するのは難しいと思います。

なので、わからないまま適当にクレジットカードを作るのはおすすめできません。

初心者がクレジットカードを作る際のポイント

初心者がこれからクレジットカードを作ろうと思っているのなら、いくつかポイントがあります。

参考にしてみてください。

年会費

必ず年会費は考慮してください。

初心者がいきなり年会費がかかるものはおすすめできませんからね。

できることなら永年無料のものがいいでしょう。

また、中には条件付きで年会費無料のカードもあります。

  • 年に一度カード決済をすれば無料
  • 年に〇円以上使えば無料
  • リボ払いに設定することで無料

主にこのような条件になります。

おすすめは一番上の条件ですね。

コンビニで1つ買い物をするだけで無料になりますから。

自分に適した条件のものを選んでみてください。

カードのステータス

カードのステータスも一応考慮しておきましょう。

いきなりゴールドカードやブラックカードを狙いに行こうという人は少ないと思いますけどね。

一般カードを使って慣れてきたらそれ以上のランクを目指してもいいと思いますよ。

ポイント還元率

先ほども言ったように、ポイント還元率も考慮しましょう。

1%以上あるカードがおすすめです。

付帯特典

付帯特典も視野に入れておきましょう。

付帯特典が悪いのにクレジットカードを作るのは損をしてしますからね。

この点も自分に合った付帯特典を選ぶようにしてください。

初心者向けおすすめのクレジットカード一覧

初心者向けのクレジットカードはいくつかあります。

これ以外にもありますが、参考程度に見てみてください。

  • 三井住友VISAカード
  • オリコカード
  • 楽天カード
  • VIASOカード

では、順番に解説していきます。

三井住友VISAカード

三井住友VISAビジネスカードクラシック

三井住友VISAカードでおなじみのクレジットカードです。

ステータス性があり、若年者でも持ちやすいので人気のカードでもあります。

  • ステータス性が高い
  • 条件付きで年会費が無料
  • 付帯保険がついている
  • セキュリティ性が高い

初年度の年会費は無料、次年度の年会費はリボ払いに登録することで年会費が免除されます。

ただ、リボ払いなのであまりおすすめはできませんが。

年会費は1,000円代なので、高い利息を払うのが嫌なら登録はしないほうがいいでしょう。

このカードには付帯保険もついています。

なので、旅行へ行く際はこれ一枚で安心できるでしょう。

三井住友VISAカードのマイ・ペイすリボをわかりやすく解説
クレジットカード会社では、独自にリボ払いの設定を行うサービスを展開しています。三井住友VISAカード系列では、「マイ・ペイすリボ」。JCB系列では「支払い名人」。こ...

オリコカード

オリコカードは年会費無料のカードの中で有名なカードです。

その理由は還元率の高さにあります。

  • 年会費が永年無料
  • ポイント還元率が高い
  • 電子マネーと一体型にできる

まずオリコカードは入会後半年間ポイント還元率がアップします。

この間に買い物をするとポイントは貯まりやすくなりますよ。

また、専用のポイントモールを使えば追加でポイントがもらえるので、2%の還元率になります。

ポイントモールを経由するだけでポイントがもらえるなんて、お得だと思いませんか?

Amazonをはじめとした通販サイトを使う人向けです。

Orico Card THE POINTは年会費無料で人気の高還元率カード!
年会費無料でポイントが貯まりやすいと人気のOrico Card THE POINT(オリコカードザポイント)。ネット通販ではさらにその力を発揮し、貯まったポイントの交換システム...

楽天カード

楽天市場から発行されているクレジットカードです。

このカードはポイント還元率が高く、審査が甘いことで有名なカードでもあります。

  • 審査基準が甘い
  • 年会費が永年無料
  • ポイント還元率が高い
  • セキュリティが固い

楽天は通年通して集客しているので、収入さえあれば通りやすくなるかと。

専業主婦でも旦那さんに収入があれば合格するくらい緩いカードですからね。

そんな楽天カードですが、通常還元率は1%、楽天内なら2~4%までアップします。

絶対に一枚欲しい!という人は楽天カードはいかがでしょう。

楽天カードは楽天市場ユーザー必携のカード!ポイントがガッツリ貯まる!
楽天カード。今や、クレジットカードの中で最も有名といっても良いカードの一つが、「楽天カード」です。クレジットカードに興味がなくて、楽天カードを持っていなくて...

VIASOカード

UFJニコスから発行されているクレジットカードです。

銀行から発行されているクレカですが、使い勝手は悪くありません。

  • 年会費が無料
  • キャッシュバックが受け取れる
  • ポイント還元率が高い
  • 国際ブランドが選べる

このカードの特徴はキャッシュバックが受け取れるところです。

通常、こういったキャッシュバックは手続きをしないともらえません。

でも、VIASOカードは自動で振り込んでくれます。

これならポイントの有効期限を気にする必要もなくなりますね。

ポイント還元率も1%以上ありますから、使いやすいと思いますよ。

VIASOカードは有効期限が鍵!メリット・デメリットまとめ
多くのクレジットカードが溢れる近年、その顧客獲得のためのポイントサービスもそれぞれ似たり寄ったりになりながらも、様々で充実しています。そんな中、「このクレジ...

初心者向けクレジットカードのQ&A

初心者向けクレジットカードの質問コーナーを設置しました。

何かわからないことがあった人はぜひ、参考にしてみてください。

リボ払いって何ですか?

クレジットカードにはリボ払いというシステムがあります。

クレジットカードは一括払いや分割払いとは違って、どれだけ買い物をしても一定金額を返せるという方法です。

  • 一括払い→5万円の買い物をしたら、次の支払日に5万円支払う

このようになりますが、

  • リボ払い→5万円の買い物をしたら、次の支払い日に少額支払う

このようになります。

どれだけ高い買い物をしても返済額が少ないので負担額は少なそうに思えますよね。

しかし、リボ払いはその分手数料がかかります。

金利がめちゃくちゃ高いので、通常支払うよりも損をする結果になってしまうからです。

リボ払いはしないことをおすすめします。

リボ払い使う人必見!安全?危険?仕組みをわかりやすく紹介
テレビCMなどでお馴染みになった、クレジットカードのリボ払い。リボルビング払いと言って、手元にまとまったお金がなくても、毎月の返済額を少額におさえることがで...

クレジットカードを複数枚作りたいのですが…

クレジットカードを一度使いだすと便利だと感じる人は多いでしょう。

なので、一枚だけじゃなくて何枚か作りたいと思う人も出てくると思います。

複数枚作ることはいいことなのですが、一気に作るのはおすすめしません。

クレカ会社が本当にこの人クレジットカード作ってくれるのか?と怪しむからです。

で、一度落ちてしまうと個人信用機関というところに記録されます。

大体半年間は残ってしまうので、半年間はクレジットカードが作りにくくなります。

なので、一枚ずつ作るようにしましょう。

口座振替からクレジットカード払いに変更したいです

口座振替からクレジットカード払いに変更したいという人もいると思います。

そう思ったらまずはクレカ払いに対応しているか確認しましょう。

確認できたら、支払っている会社の指示に従ってクレジットカード払いに変更してください。

クレジットカードの審査基準とは?

クレジットカードを取得するためにはまず審査に合格しなければなりません。

といっても、この審査基準は公にされていませんからどうやったらいいのかわからない人もいるでしょう。

クレジットカードは、スコアリングによって審査が行われています。

スコアが高ければ高いほどクレカ会社の条件に当てはまるということです。

  • 年収
  • 勤続年数
  • 過去の支払い
  • 社会的地位
  • 年齢

大体このようなものが審査されます。

なので、大手企業に長年勤めている人ほど通りやすい傾向があるとの噂です。

ただ、スコアリングの審査基準はクレカ会社によって違います

だから、審査が甘い・厳しい会社があるんですね。

自分の状況と照らし合わせてカード会社を選ぶといいですよ。

まとめ

クレジットカード初心者はわからないから適当にカードを選ぶこともあるでしょう。

でも、適当に選ぶとその分損をすることも多いです。

なので、しっかりと見極めてからカードを選びましょう。