エポスプラチナカードは本当にお得?7つのメリットから検証してみた。

プラチナカードとは、ゴールドカードよりも更にステータスが高いカードのことです。

限度額も遥かに高く設定されているので、いつもカード払いしかしないという人や、高収入の人は便利に使えます。

プラチナカードを発行しているカードは、国際ブランドや銀行が多いです。

なので、審査も若干厳しくなる傾向があります。

ところで、流通系カードでおなじみのエポスカードもプラチナカードを発行していました。

その名も「エポスプラチナカード」。

カードデザインはブラックでとてもシックです。

マルイ系の会社なので、マルイで利用する以外使い道がないんじゃないの?と思う人もいるでしょう。

いえいえ、そんなことはないんですよ。

今回はそんなエポスプラチナカードについて紹介します。

特典やメリット、そしてカードの比較などもまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、いきなりエポスプラチナカードを作るのはハードルが高いので、一般カードであるエポスカードをまだ作っていないという方はまずはそちらを作ってから検討するようにしてくださいね。

⇒エポスカードの公式サイトはコチラ

エポスカードなら年会費無料ですぐにつくれますから。

エポスプラチナカードの特徴

エポスプラチナカードとは、エポスカードが発行しているカードです。

エポスカードで誰でも得する使い方ガイド!メリット・デメリットまとめ。
マルイを常日頃使っている人には、馴染みがあるエポスカード。おそらくマルイで普段から買い物をしている人にとっては、知らない人はいないクレジットカードでしょう。&...

マルイという店の子会社なので、エポスカードという名前をなんとなく聞いたことがある人も多いでしょう。

エポスプラチナカードは、その中でもステータスが高いカードです。ゴールドカードよりも上のランクです。

そのため、年会費も20,000円かかります。

年会費無料の一般カードから見ると、高く見えますけど特典を見れば納得がいくはずですよ。

プラチナカードが欲しい人は、このカードも視野に入れてもいいんじゃないかなと思います。

エポスプラチナカードのポイントプログラム

エポスポイント→プリカに移行してお買い物!商品券やマイルに交換!

エポスプラチナカードで買い物をすると、ポイントがもらえます。

200円で1ポイント貯まるので、ポイント還元率は0.5%になります。

これは、他のカードと比べるとはっきり言って低いです。

年会費無料のクレジットカードでも1%を超えるカードはたくさんありますから。

年会費無料の高還元率クレジットカード比較。おすすめクレカランキング
「年会費があるクレジットカードは抵抗がある。」「できるだけポイント還元率が高い、クレジットカードがいい。」せっかくクレジットカードを作るので、あればお得に作...

なので、ポイントをたくさん貯めたい人からすると、不便に思ってしまうかもしれません。

しかし、その代わりいろいろなサービスを利用することでお得にポイントを貯めることができます。

ちなみに、貯まったポイントはずっと残り消滅しませんので、がっつり貯めてグッズなどに交換することもできますよ。

では、お得にポイントを貯める方法を紹介していきますね。

利用状況に応じてボーナスポイントがもらえる

エポスプラチナカードは、カードの利用状況に応じてボーナスポイントがもらえます。

年間利用金額ボーナスポイント
100万円以上20,000円ポイント
200万円以上30,000円ポイント
300万円以上40,000円ポイント
500万円以上50,000円ポイント
700万円以上60,000円ポイント
900万円以上70,000円ポイント
1,100万円以上80,000円ポイント
1,300万円以上90,000円ポイント
1,500万円以上100,000円ポイント

1ポイント1円換算なので、その分のお金をもらったのと同等の価値があります。

ただ、見ての通りかなりの金額を使わなければなりませんので、一般の人ではちょっと難しい金額かもしれません。

買い物はクレジットカードでしかしないという人や、プラチナカードを作るための財産がある人は余裕かもしれないですけど。

まずは、100万円から目指して見ましょう。

誕生月は2倍のポイントがもらえる

エポスプラチナカードは、カード会員の誕生月のみボーナスポイントが2倍もらえます。

例えば、200円の買い物をした場合

  • マルイでの利用→通常2ポイントが、誕生月のみ合計4ポイントもらえる
  • その他の店での利用→通常1ポイントが、誕生月のみ合計2ポイントもらえる

こんな感じになります。

金額が小さいのでピンと来ないかもしれませんが、数万円や数百万円のお金が動くとその分ポイントもたくさんもらえます

プラチナカードなので、大金を扱う人も多いでしょうし。

この特典がついていれば、便利だと感じることも多いと思いますよ。

選べるポイントアップショップに登録すると最大で3倍のポイントがもらえる

スーパー コンビニ ドラッグストア ガソリンスタンド レストラン 家電量販店 etc.

エポスプラチナカードは、最大で3つまで選べるポイントアップショップに登録できます。

そうすると、最大で3倍のポイントがもらえます。

よく利用する店に登録しておくと、お得にポイントが貯められますよ。

ちなみに、

  • ユニクロ
  • 東京ガス
  • JR東日本

などが人気のようです。

また、リボ払いにすると最大で4倍のポイントがもらえますが、これはあまりおすすめできません

リボ払いは、一見便利に見えますが手数料がかかるおで、元々の代金よりも高い金額を支払うことになるからです。

これでは、損をしてしまいますよね。

なので、リボ払いは極力使わないことを当サイトではおすすめしています。

もしどうしても使いたい人は、こちらの記事をしっかりと読んでから利用するようにしてくださいね。

リボ払い使う人必見!安全?危険?仕組みをわかりやすく紹介
テレビCMなどでお馴染みになった、クレジットカードのリボ払い。リボルビング払いと言って、手元にまとまったお金がなくても、毎月の返済額を少額におさえることがで...

ネットショッピングで2~30倍のポイントがもらえる

エポスプラチナカードには、カード会員専用のショッピングモールがあります。

その名も「たまるマーケット」。

全部で400以上ものショップがありますが、その一部を紹介します。

ショップ名ポイント
H.I.S3倍
日本旅行5倍
ロフトネットストア10倍
ベルーナ13倍
るるぶトラベル4倍
楽天ブックス4倍
Amazon2倍
楽天市場2倍
ヤフオク!2倍

オールマイティーにいろいろなショップがあるので、普段よく使っているショップも見つかるでしょう。

普通にネットショッピングするより、お得になるのでぜひ利用してみてください。

また、ポイントの使いみちも様々です。

  • 商品券やギフト券に交換
  • 他社のポイントに交換
  • グッズに交換
  • 寄付
  • 買い物をするときに割引する

主にこのような使いみちがあります。

グッズは

グッズ名ポイント
カプコンオリジナルグッズ500ポイント~
コーエーテクモゲームス オリジナルグッズ500ポイント~

ホークス×エポスカード オリジナルグッズ

500ポイント~

こんなものがあります。

ファンならたまらないグッズでしょう。

気に入ったものがあれば、交換してみるといいですよ。

7つのメリット・特典

このカードには主に7つのメリットや特典があります。

  • プライオリティパスに無料で登録できる
  • カードを提示すると、空港ラウンジが無料で利用できる
  • 旅行傷害保険が付帯している
  • 海外サポートデスクがある
  • Visa プラチナ・コンシェルジュ・センターがある
  • Visaプラチナカード会員優待がある
  • 国際線や海外での利用時に便利なサービスが充実している

では、順番に見ていきましょう。

プライオリティパスに無料で登録できる

プライオリティパスとは、空港ラウンジを提供する会社と、そのサービス名です。

つまり、このカードを持っていれば世界400箇所の空港ラウンジが利用できます。

そのためには、プライリティパスというカードを持っていなければなりません。

このカードは年会費が399ドルかかるのですが、エポスプラチナカードを持っていると無料になります。

欲しい人は、別途申し込む必要がありますが、年会費がかからないのはありがたいですよね。

よく空港ラウンジを利用する人は、別で作るよりセットで作ったほうがお得ですよ。

カードを提示すると空港ラウンジが無料で利用できる

そして、エポスプラチナカード自体も国内の主要な空港ラウンジなら無料で利用できます。

入り口でカードを提示するだけで利用できるので、便利ですよね。

ラウンジ内には、Wi-Fiや無料で飲食できるサービスがあります。

ソファーもふかふかなので、フライトより早い時間に来て、ゆっくり過ごすのも悪くないですよ。

ちなみに、同伴者も1名まで無料で利用できます。

旅行傷害保険が付帯している

エポスプラチナカードには、国内外の旅行傷害保険が付帯されています。

プラチナカードなので、ゴールドカードよりも手当は厚いです。

海外旅行傷害保険(自動付帯)

傷害の種類補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償最高1億円
治癒費用300万円限度
疫病の賠償費用300万円限度
賠償責任1億円
携行品の損害100万円限度
救援者費用等200万円限度
航空機遅延費用等2万円
航空機寄託手荷物遅延等費用10万円

国内旅行傷害保険(利用付帯)

傷害の種類補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償最高1億円
入院費用補償5,000円/日
手術保険金入院日額の10、20、40倍
通院費用補償3,000円/日

また、カード会員の家族にも保険が付帯されています。

海外旅行傷害保険(自動付帯)

傷害の種類補償金額(家族)
死亡・後遺障害補償最高2,000万円
治癒費用200万円限度
疫病の賠償費用200万円限度
賠償責任1億円
携行品の損害200万円限度
救援者費用等200万円限度
航空機遅延費用等2万円
航空機寄託手荷物遅延等費用10万円

国内旅行傷害保険(利用付帯)

傷害の種類補償金額(家族)
死亡・後遺障害補償最高2,000万円
入院費用補償5,000円/日
手術保険金入院日額の10、20、40倍
通院費用補償3,000円/日

見てみると、カード会員本人と家族の金額はほとんど差がありません。

ここを見るだけでも、太っ腹なことがわかりますね。

更に、

  • 航空機遅延費用等
  • 航空機寄託手荷物遅延等費用

なども保険の内訳に入っています。

これは、飛行機が遅延したときや、手荷物が手元に届かなかった場合に支払われる金額です。

これだけしっかりしていれば万が一のことがあっても、費用面は気にすることなく旅行が楽しめますよ。

海外サポートデスクがある

世界38カ国に現地のサポートデスクがあります。

  • 都市情報
  • 空港案内や出入国案内
  • ホテルの紹介
  • レストランの紹介

このようなサービスが受けられます。

全て日本語で対応してもらえるので、わからないことがあれば頼れますよ。

パスポートを紛失した際など、トラブル発生時にも対応してもらえるので、海外へ行く人は使える特典でしょう。

Visa プラチナ・コンシェルジュ・センターがある

24時間、365日いつでも対応してくれるのがコンシェルジュサービスです。

  • レストランの予約
  • レンタカーの予約
  • 旅行の相談
  • フライト予約

他にもたくさんありますが、このようなサービスがあります。

ようするに”秘書”のような感じだと思って頂ければいいかと。

秘書使ったことないですけど。。私は笑

世界各国どこからでも電話できるので、毎日忙しい人でも時間を気にせずに利用できます。

ちなみに、電話だけでなく、オンラインからも利用できます。

コンシェルジュ・ホットラインを利用すれば、通話料が無料になりますので、移住している国の番号を調べてからかけてみましょう。

Visaプラチナカード会員優待がある

エポスプラチナカードには、Visaプラチナカード会員優待というサービスがあります。

  • Visa プラチナトラベル
  • Visa プラチナ空港宅配
  • Visa プラチナゴルフ

この3つが利用できます。

Visaプラチナトラベル

大手旅行会社の国内外の旅行プランを優待価格で利用できるサービスです。

国内なら有名旅館やホテルの宿泊プランなどが用意されています。

海外なら、海外パッケージツアーが用意されています。

もちろん、航空券なども用意されていますので、安心して旅行ができますよ。

Visa プラチナ空港宅配

国際線を利用したときのみですが、荷物を宅配してもらえます。

自宅と空港間、往復路を優待価格で利用できます。

大抵の場合、スーツケースをガラガラと引っ張って行かなければいけませんよね。

タクシーに乗るときは、トランクに乗せて…となると、面倒に思うことも多いはずです。

ですが、このサービスを利用すれば手荷物をぐっと減らせます。

よく海外へ行く人からすると、便利なサービスでしょう。

Visa プラチナゴルフ

国内外の有名ゴルフ場が4,000円OFFで利用できるサービスです。

国内は名門のコースが、海外は日本人に人気のコースが利用できます。

ゴルフが好きな人は、このサービスを積極的に使ってみましょう。

国際線や海外での利用時に便利なサービスが付帯している

 国際線を利用したいときや、海外に行った時に便利に使えるサービスが付帯されています。

  • Visaゴールド国際線クローク
  • Visaゴールド海外Wi-Fiレンタル
  • 海外カード紛失時の緊急カード発行無料

具体的にはこんなサービスがあります。

Visaゴールド国際線クローク

国際線を利用する際に、15%OFF価格で手荷物を預かってもらえるサービスです。

対象となる空港は成田空港や羽田空港など、限られているので注意が必要です。

例えば、日本と真逆の気候の国へ行くとします。

日本は寒いけど、渡航先は夏だったら分厚い上着は荷物になってしまいますよね。

そんなときに、このサービスを利用すると便利なんですよ。

ただし、このサービスの元々の価格は空港によっても違いますので、気をつけましょう。

Visaゴールド海外Wi-Fiレンタル

海外へ行くと、日本と同じようにスマホが使えません。

空港やカフェ以外の場所でもWIFIが使いたいという人は、レンタルを使いましょう。

エポスプラチナカード会員なら、20%OFFの金額で利用が可能です。

最短5分でレンタルできるので、海外でもネット回線を使いたい人は、積極的にこのサービスを利用しましょう。

グローバル・カスタマー・アシスタンス

海外に行っている間に、カードを紛失したり、盗難されたりするかもしれません。

その場合は、不正利用されないようにカードを止める必要があります。

そんなときに、電話するべきなのがこのVisaのグローバル・カスタマー・アシスタンスです。

国内外、カードを紛失してしまったらすぐさま連絡しましょう。

そして、その後にカードを再発行してもらえます。

年中無休、24時間いつでも対応してもらえるのも嬉しい特典です。

エポスプラチナカードのデメリット

いろいろなメリットを紹介してきましたが、デメリット面もあります。

  • 海外へ行った時に便利になる特典が多い
  • ショッピングガード保険が付帯されていない

この2点が主なデメリットです。

海外へ行った時に便利になる特典が多い

全体的に見てみるとわかりますが、海外へ行った時に便利になく特典が多いです。

なので、海外へ出張や旅行へよく行く人は、使い勝手がいいと感じるでしょう。

ですが、あまり行かない人や国内しか旅行へ行かない人は魅力が減ってしまいます。

もっと使い勝手がいいと感じるプラチナカードはありますからね。

Orico Card THE PLATINUMはコスパ最高のプラチナカード!
Orico Card THE PLATINUM。オリコカードといえば年会費無料で持つことができる「Orico Card THE POINT」有名です。Orico Card THE PLATINUMはそんなOrico Card THE POIN...

使えないと感じたカードを使い続ける必要はありません。

ショッピングガード保険が付帯されていない

カード会社によっても、呼び方は違いますがこのカードには、ショッピングガード保険がありません

90日以内に買い物した商品が盗難や故障被害にあったときに補償してもらえるというサービスです。

なので、このカードで高額の買い物をするときは注意が必要です。

自己責任になってしまいますからね。

エポスプラチナカードとエポスカードゴールドを比較

ゴールドカードがあるのなら、プラチナカードなんて作る必要あるの?と思う人もいるでしょう。

そこで、2つを比較してみました。

 エポスプラチナカードエポスゴールドカード
年会費20,000円5,000円(招待からだと永年無料)
国際ブランドVISAVISA
付帯保険海外旅行障害保険国内外の旅行傷害保険
特典
  • 空港ラウンジが利用できる
  • 国際線利用時に利用できるサービスが豊富
  • 海外サポートデスク
  • Visa プラチナ・コンシェルジュ・センター
  • 空港ラウンジが利用できる
  • 国際線利用時に利用できるサービスが豊富
  • 海外サポートデスク
  • 紛失・盗難補償

ゴールドカードは、通常年会費が5,000円かかりますが、インビテーション(招待)されると無料になります。

また、紛失盗難時も61日まで遡って不正利用額を補償してもらえます。

プラチナカードの方は、国内外の旅行傷害保険があります。

それに、海外で便利に使えるサービスが、ゴールドカードに比べて若干豊富です。

比較してみると、どちらも使い勝手がいいカードであることがわかります。

無料で使えるゴールドカードなんて、ほとんどありませんからね。

エポスゴールドカードはある条件付きで年会費無料で持てるお得なカード
洋服や靴、鞄はマルイで買うという人は多いのではないでしょうか?他ではなかなか揃えることができない大きいサイズや小さいサイズも充実しているから、「洋服はマルイ...

限度額は、公式ホームページでは明らかにされていませんが、プラチナカードのほうが高く設定されているはずです。

なので、どちらか悩む人は

  • 年会費以上の特典が欲しい人→プラチナカード
  • 一般カードより少しお得なカードを利用したい人→ゴールドカード

こんな感じで決めるのがいいと思います。

エポスプラチナカードの審査基準

エポスプラチナカードを作るためには、ゴールドカードを持っている必要があります。

その中から、利用状況に応じて発行されます

その場合は、エポスカードから案内状が送られてきます。

なので、エポスプラチナカードが欲しい人は、とりあえずゴールドカードを作るほうがいいようですね。

ただ、ゴールドカードも利用状況に応じて案内が送られてきます。

ということは、一般カードから作るしかなさそうです。

ちなみに一般カードであるエポスカードの審査条件は

  • 日本国内在住の満18歳以上のかた

となっています。\

即日審査されることもあって、エポスカードの条件はそこまで厳しくないようですね。

長い道のりになるかもしれませんが、とりあえず一般カードからはじめてみましょう。

まとめ

エポスプラチナカードは、流通系カード系です。

いきなり審査を受けられないので、エポスカード側はクレヒスなどを重視するのが一般的でしょう。

そうなると、今すぐ欲しい!という人からすると微妙ですが、そもそもプラチナカードはそんな簡単に発行されませんので。

まずは、即日発行可能なエポスカードでクレヒスを貯めていくのが無難です。

一般カード→ゴールドカードと作ってみて、十分だと思ったらそこで作るのをやめるのもいいと思いますし。

⇒エポスカードの公式サイトはコチラ

それでも、プラチナカードが欲しい!と思ったらエポスカードから案内が届くまで待ってみましょう。