クレジットカードを持っている人であれば、一度はブラックカードという言葉を聞いたことがあるはずです。

プラチナカードよりもランクが高く、年会費は10万円超えが当たり前です。

その分特典も豊富でステータスも高いので、持つ価値はありますけどね。

しかし、ブラックカードは他のカードのように自分で申し込むことができません。

カード会社が審査を行った上で、はじめてインビテーションされます。

インビテーションの基準は非公開になっており、カード会社によっても異なります。

取得することは難しいですが、ステータスが高いからこそインビを目指している人もたくさんいます。

この記事ではそんなブラックカードについて紹介します。

日本で発行されているブラックカードの比較をしてみましたので、参考にしてみてください。

ブラックカードの特徴

ブラックカードとは、 現在発行されているクレジットカードの中で一番ランクが高いカードです。

一般的にプラチナカードはランクが高いと言われていますが、そのカードよりも高いので手に入れることができればかなり高いステータスを得ることができます。

その分、年会費なども多く支払わなければいけないんですけどね。

ちなみにブラックカードと言う名前は、アメリカンエキスプレス社のカードが由来です。

ブラックカードが発行される前、アメリカンエキスプレス社が発行していたカードの色が黒かったため、他社もアメックスのようにブラックカードという名前をつけました。

ところで、年会費が高いと言われていますが、どのくらいがブラックカードの相場かわかりますか?

ブラックカードの相場

ゴールドカードプラチナカードは高くても5万円程度が相場ですが、ブラックカードの中には年会費が30万円を超えるものもあります。

桁違いな金額ですが、その分特典も魅力的なものが豊富です。

しかし、大半のブラックカードは取得するためにはインビテーションを受ける必要があるので、ブラックカードが欲しいと思ってもなかなか手に入れることはできません。

インビテーション制の仕組みを徹底解説!おすすめのクレジットカードを比較。
クレジットカードにインビテーションというものが存在することを知っていますか?インビテーションとは、招待という意味。つまり、クレジットカードを発行する際に自分...

だからこそ、利用価値があって手に入れたいと思われる憧れのカードなのかもしれませんね。

ブラックカードの選び方

ブラックカードを発行するためにはインビテーションを受ける必要があります。

しかし、基本的にどの会社もインビテーションの基準が書かれていません。

とても曖昧な基準ですが、実際にカード会社に認められてブラックカードを持っている人もいますので、作るのは絶対に無理というわけではありません。

また、ブラックカードの特典や年会費など詳細は会員しかわからないようになっているため、他のカードのように内容を吟味して選べません。

ネットで情報を拾って調べるのもいいですが、所詮はネットですからね。中には嘘も混じっているので、全てを鵜呑みにするのはよろしくないです。

ここは無難にステータスで選ぶのがベストだと思います。

やっぱり、カード会社にも知名度やステータスってありますから。

最上級のブラックカードを手に入れたいのなら、それなりの地位のあるカード会社のものを発行するのがいいと思いますよ。 

ブラックカードの比較

現在、日本で発行されているブラックカードには以下のようなカードがあります。

有名なカードブランドのプロパーカードも多いです。

  • アメックスセンチュリオン
  • ダイナースクラブプレミアムカード
  • VISA Infiniteカード
  • SBIワールドマスターカード
  • JCBザクラス

では、順番に見ていきましょう。

アメックスセンチュリオン

アメックス・センチュリオンカード

アメックスが発行しているブラックカードです。

現在発行されているブラックカードの中では最もステータスが高いといっても過言ではないです。

アメックスセンチュリオンにはこのような特徴・メリットがあります。

  • 利用枠に上限がない
  • 有名ホテルグループの上級会員になれる
  • 航空機のファーストクラスやプレミアムクラスに搭乗できる
  • プライオリティ・パスが無料
  • ポイントの有効期限が無期限

見るからに最上級なカードであることがわかりますね。

この他にもたくさんのメリットや付帯特典がありますが、今回は一部をピックアップしました。

高額利用者向けに設定されているので、一流のサービスが利用できます。

また、アメックスセンチュリオンはチタン製のカードに変更することも可能だとか。

やはり、プラスチックだと破損してしまう可能性がありますからね。

初年度の年会費が約100万円かかるだけあって、高級感あふれるカードになっていることは間違いないです。

最高のステータスも得られますし、ブラックカードを狙うのであればまずはアメックスゴールドカードから目指してもいいかと。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードが魅力なステータスカードの理由
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、高いステータス性が一番の特徴となるクレジットカードです。そのステータスの高さは、他社のゴールカードに比べて秀で...

ゴールドカードならそこまでハードルは高くないですから。

ダイナースクラブプレミアムカード

ダイナースクラブ プレミアムカード

アメックスと同じくらい知名度とカードステータスを持つクレジットカードです。

なので、カードステータスを重視するのならアメックスかダイナースで選ぶことをおすすめします。

ダイナースは日本で使えないお店はほとんどないので、1枚持っていればまず不便は感じないと思いますよ。

ダイナースクラブプレミアムカードにはこのような特典やメリットがあります。

  • マイルの付与率が2%
  • コンシェルジュサービスが利用できる
  • おもてなしプランが利用可能
  • 飲食店の優待サービスが利用できる
  • プライオリティパスが年会費無料

飲食店系の特典が豊富なところが特徴です。

飲食店の優待サービスなどが利用できるので、ビジネスからプライベートまでお店が利用できます。

ちなみに、ANAダイナースクラブプレミアムカードというカードも発行されています。

ANAの方は積極的にマイルを貯めたい人向けですね。

さぞかし高いインビ条件がありそうに思えますが、実は現段階ではそこまで難しくありません。

1年使った後にカスタマーセンターに申し出ると、すぐに審査を行ってもらったケースもあるくらいなので。

無事にカードの審査がおり、発行できたようです。

なので、ダイナースカードでクレヒスを育成してから挑むのがいいと思います。

ダイナースクラブカードは最高のステータスカード!メリット・デメリット審査まとめ
ダイナースクラブカードと言えば、世界初のクレジットカードでそのステータスの高さは有名です。ダイナースクラブカードの理念である「会員様への揺るぎない信頼が最も...

アメックスセンチュリオンが厳しいと思うのであれば、ダイナースクラブプレミアムカードにしてみましょう。

VISA Infiniteカード

スルガ銀行とVISAが提携して発行されているブラックカードです。

現段階で、VISAが発行するカードの中で最もランクが高いカードとして取り扱われています。

国内ではスルガ銀行のみが取り扱っているクレカなので、ちょっとレアなカードでもあります。

  • 24時間365日コンシェルジュサービスを利用できる
  • 100万ドル以上の旅行傷害保険が付帯
  • 提携ショップが貸し切りで買い物できる
  • 回数無制限の旅行手荷物宅配サービスが利用できる

このカードは貸し切りができるところが特徴的です。

提携ショップの他に、島をまるごと貸し切りできるサービスもあります。凄いすよね。

貸し切って何かをしたいという人にはもってこいなカードでしょう。

VISA Infiniteカードを発行する条件ですが、提携先であるスルガ銀行の上客になる必要があるみたいです。

現在、VISA Infiniteカードを持っている人は、スルガ銀行の上客が多いのでカードを発行したいのであれば、積極的にスルガ銀行を利用してみるといいでしょう。

SBIワールドマスターカード

SBI銀行が発行しているカードです。

しかし、SBIの公式HPにSBIワールドマスターカードの情報は一切乗っていないのでレアなカードです。

また、MasterCard系の中では最もカードランクが高いとも言われていますので、MasterCard系のブラックカードが欲しい人にもおすすめできます。

SBIワールドマスターカードの具体的な特徴やメリットです。

  • LoungeKeyが利用可能
  • コンシェルジュサービスが付帯
  • ポイントの還元率が一般カードより高くなる
  • カードの引き落とし日を自由に設定できる
  • 最高1億2000万円の旅行傷害保険が付帯

このカードを取得するためには、まずSBIプラチナカードを取得してクレヒスを育成する必要があります。

といっても、SBIは銀行系のクレカなので流通系のものと比べると若干審査が厳しくなるので、注意が必要ですね。

SBIワールドマスターカードは、高額な旅行傷害保険が付帯されているところが魅力的です。

それも、自動付帯なので難しい条件を満たす必要がありません。

また、MasterCard系のサービスも利用できます。

  • グルメ
  • ゴルフ
  • トラベル

といった分野での特典がありますので、SBIワールドマスターカードを発行した後は積極的に利用してみたいですね。

追記:2017年07月31日

なんとSBIに関するクレジットカードが終了するというニュースがありました。

詳しいことはこちらに書いてあります。

SBIカード終了のお知らせ

結構使い勝手が良かったんですが、クレカではよくあることなので、しょうがいないですね。

リクルートカードプラスが改悪で新規申込み終了。改定で変更になったポイントは?
リクルートカードプラスといえば、業界最高基準の2%を誇る高還元率クレジットカード。私も実は、主要クレジットカードの筆頭に使っています。しかし、最近リクルートカ...

JCBザクラス

JCBカードが発行している最高ランクのカードです。

JCBザクラスを発行するためには、一般カードやゴールドカード、そしてワンランク上のプレミアカードを発行する必要があります。

JCBゴールドカードは特典サービス・補償内容が充実のプロパーカード!
クレジットカードの国際ブランドはたくさんありますが、日本発のブランドといえばJCBです。そんなJCBが発行しているゴールドカードの1つにJCBゴールドカードがあります...

それからインビテーションを受けるので、道のりとしては遠いですが、取得する価値は大いにありますよ。

  • コンシェルジュサービスが利用できる
  • グルメベネフィットが利用可能
  • ゴルファー保険が付帯
  • ザ・クラス メンバーズ・セレクションが利用できる

一番の特徴はザ・クラスメンバーズ・セレクションでしょう。

この特典は、年に一度JCBからプレゼントがもらえるというものです。

実用品から旅行券まで様々なプレゼントが用意されているので、このサービス目当てにインビを狙うのも悪くはないと思います。

また、以前はダイニング30という特典も付帯されていました。

飲食店の料金が30%OFFになるという画期的なサービスでしたが、期間限定の特典だったみたいですけど。

JCBザクラスには終了してしまったサービスもありますが、それでもまだ利用価値は高いです。

JCB系のカードを持っているのであれば、JCBザクラスを狙うのもおすすめですよ。

ブラックカードのQ&A

ブラックカードには複数の種類がありました。

ブラックカードについてまだわからないことがあるという人も多いのではないでしょうか。

そこで、いくつかの質問をピックアップし、回答してみました。

ブラックカードの他にホワイトカードがあると聞いたのですが

以前、ブラックカードの他にホワイトカードがあるという噂が出回りました。

しかし、これはデマです。

現状、ブラックカードが最高級のカードとして取り扱われています。

ところで、ホワイトという言葉はクレジットカード業界ではあまりいい言葉ではないことを知っていますか?

ホワイトという言葉は、クレヒスもカードの利用実績もないという状態を示す言葉なんです。

クレヒスがまっさらな状態を示すスーパーホワイトという言葉もあり、クレヒスを重視する会社なら高い割合で審査落ちします。

ブラックリスト状態もよくないですが、同じくらいホワイトリスト状態もよくありません。

このことから、ホワイトカードが作られないのはスーパーホワイトという言葉があるからじゃないか?と予想している人もいるようです。

ブラックカードを持つためにはどのくらい年収があればいいですか?

ブラックカードを持つためには、年収が高くないといけないと思っている人も多いと思います。

高世帯向けに作られたカードですからね。

結論から言うと、カードによって年収の基準は異なります。

二大ブランドであるダイナースのブラックカードは年収が500万円ほどです。

アメックスは経費で支払えば難易度が下がるようです。

なので、全てのカードが年収数千万の人向けというわけではありません。

自分が発行できそうなカードブランドを選ぶのが一番ですよ。

ブラックカードを持つとこれまでのカードはどうなりますか?

ブラックカードのインビテーションを受けた際、これまで使っていたカードはどうなるのか?と疑問に思った人もいるでしょう。

インビを受けると、自動的に利用不可になります。

なので、以前使っていたカードを処分しても問題ありません。

ただ、クレジットカードは個人情報の塊なので再利用不可能にするために切り刻んでから処分しましょう。

ちょっと名残惜しい気もしますが、悪用されないためにも処分がおすすめです。

まとめ

ブラックカードは最高級ランクのカードです。

取得するためには投資する必要がありますが、取得できればそれだけのステータスが得られます。

全てのカードが高所得者向けに作られたわけではないので、もしブラックカードが欲しいと思っているのであれば、今の年収でも発行できるカードを選びましょう。