ディズニーでクレジットカードが使えないは嘘!使えるクレカを比較

この記事にたどり着いたということは恐らくディズニーランドに何回か行っている方では無いでしょうか?

楽しいですよね。ディズニーランド。私も年に数回は行っています。

そんなディズニーランドですが、クレジットカードが利用できることは知っていますか?

現金で支払っている人も多いですが、実は損をしている可能性が高いです。

それに

「ディズニーランドのクレジットカードってJCBブランドしかないからJCB以外は利用できないんじゃ…?」

と思っている人も中にはいるようです。でもそうではないんですよね。

そこでこの記事ではディズニーランドでクレジットカードを使うメリットやおすすめの使えるクレジットカードなどを紹介しています。

ディズニーランドにおすすめのクレジットカードも紹介するので、もっとディズニーランドをお得に楽しみたいという方の参考になれば幸いです。

目次

ディズニーランドで使えるクレジットカード・使えないクレジットカード

ディズニーランドでは、ネット上やSNSで

JCBカードしか使えない!

という噂があります。

しかし、公式ホームページを見てみるとJCBだけでなくVISAなど主要なクレジットカードが使えることがわかります。

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーではJCBカード等の主要なクレジットカードをご利用いただけます。

【ご利用いただけるクレジットカードの種類】
JCB、VISA、マスター、アメックス(アメリカンエキスプレスカード)、ダイナースクラブ、銀聯(ギンレンカード)、ディスカバーカード

出典元:ディズニーランド公式サイト

※日本以外で発行されたMasterCardは一部ご利用いただけない場合がございます。

アメックスやダイナースも入っているので、基本はどのブランドのクレジットカードを持っていても利用することが可能です。

ただし、東京ディズニーランド内での話なので海外となってくると話は別ですけど。

JCBブランドは提携先で何かとお得

また、JCBとディズニーランドは提携しているのでJCBブランドが優遇されることが多いです。

例えば、JCBの最上級のカードであるJCB THE CLASSは持っているだけで、東京ディズニーリゾート内のJCBラウンジを利用することができます。

まあー、これはJCB THE CLASSだけの特典にはなりますが、他のブランドカードではこのような特典は受けれないので、JCBがかなり優遇されているのが分かると思います。

また、お得なツどキャンペーンも受けられるようになっています。

上記はJCBカードのご利用合計金額5万円(税込)を1口として抽選で当たる!キャンペーンです。

毎年期間限定で行っているので、これだけでもJCBブランドを作る価値はあるかも。

ただ、JCBブランドでもすべての会社のJCBブランドが適用になるわけではないので、その点は注意が必要です。

今回の場合だと

  • (株)アプラス
  • (株)イオン銀行
  • (株)イオン銀行(デビット)
  • (株)いよてつカードサービス
  • (株)エヌケーシー
  • (株)エヌシーおびひろ
  • (株)エヌシーガイドショップ
  • 小田急電鉄(株)
  • (株)オリエントコーポレーション
  • 九州日本信販(株)
  • (株)クレディセゾン
  • 出光クレジット(株)
  • 静銀セゾンカード(株)
  • (株)セブンCSカードサービス
  • 大和ハウスフィナンシャル(株)
  • 高島屋クレジット(株)
  • (株)コメリキャピタル(コメリJCBカード)
  • 山陰信販(株)
  • (株)ジャックス
  • (株)セディナ
  • (株)セブン・カードサービス
  • 全日信販(株)
  • トヨタファイナンス(株)
  • 西日本旅客鉄道(株)
  • ニッセン・クレジットサービス(株)
  • 日専連(NISSENREN)※(株)日専連静岡は対象となりません。
  • 日立キャピタル(株)
  • (株)ビューカード
  • (株)ほくせん
  • ポケットカード(株)
  • 三菱UFJニコス(株)
  • (株)宮崎信販
  • (株)モデル百貨
  • (株)UCS
  • (株)ゆめカード
  • ライフカード(株)
  • (株)ライフフィナンシャルサービス
  • 楽天カード(株)

こららの会社のJCBカードが適用になります。

もしすでにJCBカードを持っている方はカードの裏に会社名が書いてあるので確認してみてください。

ディズニーランドでクレジットカードを使うメリット

では次にディズニーランドでクレジットカードを使うメリットを紹介します。

主なメリットはこの3つ。

  • 支払いがスムーズになる
  • JCBだと特典がある
  • ディズニーランド系のかわいらしいクレジットカードがある

では、順番に解説しますね。

支払いがスムーズになる

現金払いからクレジットカード払いにする一番のメリットは支払いがスムーズになること。

そうすることによって、面倒なお金の受け渡しがなくなります。

だって、カード一枚だけで購入できますからね。

それは、代金が高額になるほど感じられるかと思います。

また、手持ちにお金がなくても買い物ができるのもポイントの1つかと。

いざほしいという場合にお金がなくてもクレジットカードなら支払うことができますから。

JCBだと特典がある

先ほども触れましたが、JCBだとディズニー系の特典が用意されています。

例えば、

  • お得なツアー旅行券がついてくる
  • ポイントプログラムの特典にホテル券がついてくる
  • ディズニーグッズと引き換えられる

このような特典はJCBだけのものです。

例えば、

これだけでもJCBにする価値は十分あるかなと。

ディズニーランド系のかわいらしいクレジットカードがある

クレジットカードの中には、ディズニーとコラボしたものがたくさんあります。

かわいらしいキャラクターデザインのカードを持ってディズニーで使うだけでも、他の人よりもちょっとした優越感に浸ることができるはずです。

もちろん、他のJCBカードを選んでもいいですけどね。

ディズニーランドでクレジットカードを使うデメリット

ただ、ディズニーランドでクレジットカードを使うことには少しデメリットもあります。

  • 分割払いができない
  • 食事を買う場所では利用できない
  • 提携アメックスカードは一部使えない

この3点です。

分割払いができない

ディズニーランドでの支払いは分割払いができないところがあります。

パークチケットやレストランなどは基本的に分割払いはできません。

また、カードの種類によっても分割払いやリボ払いが対応されていないことがあります。

高額決済する際には注意が必要です。

利用しようと思っても利用できないとなると困ってしまいますから。

小規模店ではクレカが利用できない

ディズニーランドではクレジットカードを使う場所が決められています。

なので、園内の小規模店などでは使うことができません

大きな場所では問題なく使えますが、ちょっとしたものを購入するときに現金がないと困ってしまいます。

全く現金が不要というわけではありませんので注意しましょう。

提携アメックスカードは一部使えない

クレジットカードブランドには、有名なアメックスカードというカードがあります。

国際ブランド「アメリカン・エキスプレス」のメリット・デメリット。
アメリカンエキスプレス社という名前を聞いたことがあると思います。世界的にも有名なクレジットカード会社ですよね。ちなみに、ブラックカードの生みの親でもあります...

アメリカンエキスプレス社が発行しているカードです。

この会社は、アメックスという国際ブランドを発行しています。

そしてこの会社はほかの国際ブランドのように提携カードを発行しています。

なので、対応さえしていればアメックスからでなくても、アメックスカードを持つことが可能です。

しかし、一部の提携アメックスカードはディズニーランドで利用できないようです。

その点だけ注意が必要となるでしょう。

ディズニーランドで使いたいクレジットカードの選び方

ディズニーランドでクレジットカードを使うメリット・デメリットを紹介しました。

そこで、今度は是非ディズニーランドで使いたいクレジットカードの選び方を紹介します。

これからディズニーランドへ行こうと思っている人は必見です。

年会費があまりかからないクレジットカード

ディズニーランドで使いたいクレジットカードを選ぶのならまず年会費は考慮しましょう。

ディズニーランドだけで使うのか、普段から使うのかでも選択肢は変わってきますからね。

おすすめは

  • 年会費が永年無料
  • 年会費が条件付きで無料
  • 年会費が格安

この3つ。

ただ、最後の「年会費が格安」は利用しないと損をしてしまうことになってしまうので、年に1回行くか行かないかくらいの人は上2つの条件から選ぶようにしましょう。

国際ブランドはJCBかどうか

ディズニーランドで使うのならば、国際ブランドにも目を向けてみましょう。

JCB系ならディズニーランドの特典が利用できるわけですし。

ま、ほぼ全ての国際ブランドが使えますから神経質になる必要はありませんけど。

やはりディズニーランドで使うのが目的ならJCBがおすすめです。

ポイント還元率が高いかどうか

ポイント還元率もクレジットカードを選ぶ際のポイントの一つです。

ポイント還元率が高いほどお得になります。

なので、最低でも1%はあったほうがいいかと。

1%以上で年会費無料のクレジットカードもたくさんありますから、使い勝手のよさそうな一枚を選びましょう。

付帯特典

ディズニーランドで使うのならば、付帯特典も見ておきたいところです。

ディズニー系の特典があるのが一番ですけどね。

おすすめなのは

  • キャッシュバックが行われる
  • 年間〇円以上もしくは年一回利用すれば年会費が無料
  • ディズニー系のグッズとポイントを交換できる

このような特典です。

以上の4つのポイントをしっかりと抑えておけばクレジットカード選びに失敗したということはないはずです。

ディズニーランドで使いたいおすすめのクレジットカード

では次に

「結局どんなクレジットカードを選ばいいの?」

という方向けに上記のポイントを元におすすめのクレジットカードを5つ紹介します。

  • 楽天カード
  • ディズニーJCBカード
  • Orico Card THE POINT
  • イオンカード
  • セゾン系のカード

では、順番に見ていきましょう。

楽天市場で買い物するなら楽天カード

  • 年会費が無料
  • JCBブランドが選べる
  • セキュリティが固い
  • 審査基準が甘め

楽天カードはポイント還元率が高く、年会費が無料なので人気が高いクレジットカードです。

審査基準も甘めなので、使い勝手はそこそこいいかと思います。

国際ブランドが豊富なのでJCBブランドも選べます。

JCBの特典は特にありませんが、ポイント還元率のおかげで買い物面でお得になるでしょう。

貯まったポイントは電子マネーに交換することもできますしね。

また、常日頃から楽天市場を利用してる人にもおすすめです。

楽天市場で楽天カードを使い購入するだけで、ポイントが通常よりも2倍になりますから。

楽天カードは楽天市場ユーザー必携のカード!ポイントがガッツリ貯まる!
楽天カード。今や、クレジットカードの中で最も有名といっても良いカードの一つが、「楽天カード」です。クレジットカードに興味がなくて、楽天カードを持っていなくて...

本当にディズニー好きならディズニーJCBカード

「ディズニーJCBカード」の画像検索結果

  • 国際ブランドにJCBが選べる
  • カードデザインが豊富
  • ゴールドカードも選べる
  • ディズニーランド系の特典が付帯済み

ディズニーデザインのJCBカードです。

JCBが発行しているため、国際ブランドはすべてJCBです。

カードデザインが豊富で、12種類から選ぶことが可能です。

ディズニー系の特典が豊富なところが一番のポイントです。

メンバーだけのキャンペーンを受けることもできますからね。

さらに、使ったお金はディズニーポイントに交換することもできます。

まさにディズニーファン向けのクレジットカードでしょう。

もし、ディズニーランド専用で作るならこのカードを作れば問題はありません。

JCB一般カードは最短即日発行で翌日届く人気のスタンダートカード
国内唯一の国際ブランドJCBが発行するクレジットカード「JCB一般カード」。JCBといえば、敷居の高い「JCBゴールド ザ・プレミア」や「JCBザ・クラス」がありますが、JCB...

Orico Card THE POINTなら入会後半年はポイント2倍

  • 年会費及び家族カード・ETCカードが無料
  • QUICPayとiDがダブル搭載
  • 入会後6ヶ月間はポイント2倍の還元率2%
  • プリペイドカードにチャージが可能

Orico Card THE POINTは(株)オリエントコーポレーションが発行するクレジットカード。

国際ブランドはMasterCardかJCBから選ぶことができます。

Orico Card THE POINTの1番の魅力はなんといってもすべて無料で持つことができること。

家族カードもETCカードに関しても一切費用はかかりません。

また、通常1%の還元率ですが、これが入会後は2倍の2%になるというのもOrico Card THE POINTならではのメリットです。

それに電子マネーも2つ搭載しているので、使いやすいさでいえば今回の中では1番かなと。

ディズニーのデザインじゃなくてもいいからとにかくお得なクレカがほしい。という人はOrico Card THE POINT一択でいいと思います。

Orico Card THE POINTは年会費無料で人気の高還元率カード!
年会費無料でポイントが貯まりやすいと人気のOrico Card THE POINT(オリコカードザポイント)。ネット通販ではさらにその力を発揮し、貯まったポイントの交換システム...

イオンで買い物するならイオンカード

「イオンカード ディズニーデザイン」の画像検索結果

  • 電子マネーと一体型のものが選べる
  • JCBブランドが選べる
  • イオン系の特典が付帯済み
  • 期間限定で入会時にポイントがもらえる

ディズニーデザインのイオンカードです。

特典はほぼイオンカードのものとなっていますが、カードデザインだけでもディズニーがいい!という人にはうれしいカードかと思います。

国際ブランドに関しては、通常のイオンカードだとVISAやMasterCardも選ぶことができますが、ディズニーデザインの場合は、JCBブランド一択となっています。

ディズニーに行くのは時々でよくイオンで買い物をする人向けのクレジットカードです。

数あるイオンカードの違いを誰でもわかるように徹底比較!
「イオンカードは、種類がありすぎてどれを選んでいいかわかない。」「イオンカードの違いがよくわからない。」そんな人もいるだろう。イオンカードは、ポイント還元率...

ポイントの有効期限がないセゾン系のカード

  • 年会費が無料
  • ポイントの有効期限がない
  • 発行が早い
  • 毎月20日は、西友やリビィンなどでの買い物が5%OFFになる

最後に紹介するのはセゾン系のカード。

セゾン系のカードはたくさんありますが、特に年会費無料でもつならセゾンカードインターナショナルがおすすめ。

年会費は無料ですし、セゾン系のカードの中でも人気の1枚として有名です。

ただ、他にもたくさんのセゾン系のカードはあるので、他のセゾンカードが気になる方はこちらの

セゾン系カードでお得に使えるおすすめのクレジットカードを徹底比較!」も見てみてください。

PARCOや無印良品に強いカードもありますので。

また、セゾン系カードはどれもポイントに有効期限がないので、ずっと貯めることができますよ。

ディズニーランドのクレジットカードQ&A

最後にディズニーランドでクレジットカードを使う際の質疑応答コーナーを設置しました。

なにかわからないことがあった人は参考までに見てみてください。

クレジットカードで購入できないものはありますか?

先ほども述べましたが、小規模なお店ではクレジットカードは使えません

他にも切手やギフトカード、食事券などが決済できないようです。

詳細はディズニーランドの公式サイトにも載せられています。

これはどうだろう?と思うものがあれば聞いてみることをおすすめします。

ディズニーランドのオンラインチケットが購入できないのですが…

ディズニーランドのチケットはクレジットカードで購入することができます。

もちろんそれは、オンラインも同じです。

ただ、時々なぜか購入できない人がいるようです。

その場合は本人認証サービス(3Dセキュア)が正しく利用できていないからです。

本人認証サービス(3Dセキュア)とは、各カード会社の認証サービスのことです。

一旦こちらに登録してから再度オンラインチケットを購入してみてください。

上海ディズニーランドでの決済の手数料は自己負担ですか?

ディズニーランドはなにも東京だけのものではありません。

良くも悪くも話題になるのは上海ディズニーランドです。

こちらでもクレジットカード決済することが可能です。

その際ですが、特に決済手数料が自己負担になるということはありません。

なので、何も考えずにクレジットカードを利用してもいいと思いますよ。

クレジットカードだけ持っていても楽しめますか?

時々なにも買わないから大丈夫だろうと思う人がいるようです。

ただ、駐車場にはクレジットカードを利用することができません

小規模店や駐車場を利用しないのであれば楽しめなくもないと思いますよ。

まとめ

ディズニーランドでクレジットカードを使うことはできます。

大半のお店で利用できますから、利用しないと損をしてしまうこともありますよ。

ぜひ、ディズニーランドでクレジットカードを利用してみてください。